たいめいブログ

BLOG

ホーム > たいめいブログ > 埼玉の代表は浦和学院 高校野球

2012.07.29

埼玉の代表は浦和学院 高校野球

猛暑の中連戦が続いていた全国高校野球埼玉大会の覇者は浦和学院だった。
甲子園への切符を手にしたもの、惜しくも敗れたもの。埼玉大会では多くの高校球児が白球を追い、バットを振りぬき県民に熱い感動をあたえた。
敗れた時、天を仰ぎ、流した大粒の涙は美しかった。そして、ベンチ控え、さらには応援団の一人として大声で選手に声援を送る立場の選手たちの心中を察するとさらに熱いものがこみあげるのは、私だけではないであろう。
そして、ロンドン五輪もスタートした。日の丸を背負って、日の丸を誇りに戦うトップアスリート。国の威信をかけてのレース、競技ではあるが、どの選手の瞳には陰りはない。どの選手の瞳もよどんではいない。
人を裏切ろう、ずるく生きようとしている人間とは天地の差だ。そんなことを考えながら「がんばれ!ニッポン」と声援をおくりたい。
国民がロンドン五輪に目を向けている中、国会では「いつ解散?」という空気が流れている。
今年の9月、10月、来春、来年の参議院とのダブル。。。憶測がとびかっているが、私も自分の主張、この国の方向性をはっきりのべて
いきたい。しかし、遅遅としてすすまぬ東北復興の話をいろんな場所で聞く。東北出身の埼玉県民も多く、もちろん避難生活をされている方もたくさん埼玉に住まわれている。
復興とは、生活を元に戻す、きちんと暮らせる環境を整備する。すなわち、被災地で経済を循環できるようにすることだ。
不倫スキャンダルだの、離党、そして離党した議員のところには刺客だの、私は本当に東日本大震災被害にあわれたすべての皆さまに申し訳ないと一国政復活をかけるものとして心から思い、大変苛立っている。

応援する

SUPPORT

公式SNS

SNSでも日々の活動をお伝えしています。

後援会について

政治家としてさらに飛躍するために、
埼玉10区の皆さんからの支えが必要です。

フォトライブラリー
フォトライブラリー
フォトライブラリー