たいめいブログ

BLOG

ホーム > たいめいブログ > 上田知事の視点

2012.07.12

上田知事の視点

今日の新聞各紙はよみごたえがあった。ずいぶんと時間を費やし新聞を読んだ。
私の若いころをおもいだすと「新党」という言葉の響きには「何かが変わるかも」という予感が常にあった。躍動感もあった。
いつのころからか「新党」は単なる政局のツールでしかなくなってしまった。
私と同じ選挙区の松崎氏は小沢新党での再スタートとなる。
埼玉新聞によると「小沢新党と行動をともにして地元の基盤が強くなるか」「震災復興、党が分裂している場合か」と厳しい意見があるようだ。だからといって私がほくそえむほど状況は甘くない。政治は混とんとしているし、選挙の非情さはまさに筆舌に尽くす。
同じく埼玉新聞さきたま抄では「新しい政党、キャッチフレーズでは有権者の心は動かない」とある。つづいて「政治家の個々の見識が問われる(政党政治も)」と。県議会も国会も政党政治の場であるのでこの基盤がなくなると議会は混乱し、国際政治の場から日本の国のかたちそのものが問われてしまうだろう。政治家の個々の見識これはまさしく地方政治、首長、国政すべてその一言につきることはこのブログでも発信してきている。
そんななか、今回の小沢新党について わが埼玉県知事上田氏は「政党内部、政党間の争いどころではない。日本の進むべきビジョンを具体的に提案すべき」とし、「政策が説得力のあるもので国民に受け入れられることが必要」とコメントした。
上田知事の視点。冷静に見て批判だけに終わらずきちんと主張している。しかも的をえている。修羅場をくぐった上田知事だからこその発信力であろう。「埼玉モデルを発信し、日本のモデルに」というのが上田知事のテーマの一つである。
政治は有言実行あるのみ。とくにこの政権交代以降、国民の目はさらに厳しくなっている。
地域、そしてそこに暮らす人々の本当の声を聞くこと。そこから道はおのずと拓けていく。

応援する

SUPPORT

公式SNS

SNSでも日々の活動をお伝えしています。

後援会について

政治家としてさらに飛躍するために、
埼玉10区の皆さんからの支えが必要です。

フォトライブラリー
フォトライブラリー
フォトライブラリー