たいめいブログ

BLOG

ホーム > たいめいブログ > 日本の周りはキナ臭い(3月21日)

2012.03.22

日本の周りはキナ臭い(3月21日)

北朝鮮は4月に地球観測衛星の運搬ロケット「銀河3号」を南方へ向け打ち上げると予告した。事実上、長距離弾道ミサイルの発射実験である。米国務省は「米朝合意に矛盾し、極めて挑発的だ」と非難したが、北朝鮮の指導層の中で、強硬派と外交推進派とのせめぎ合いの結果だろうか。相反する二つのグループを掌握しきれない三代目の金正恩大将の姿が垣間見える。北朝鮮は益々危うさを増しているようだ。
一方、尖閣諸島周辺でヘリコプターが着艦・発艦可能な最新鋭の海洋監視船が日本の領海を侵犯。海上保安庁の巡視船の警告に、二隻の中国船は「魚釣島を含むその他の島は中国領土だ」と応答したという。今までと様相を異にする点は、中国国営の新華社通信が「国家海洋局の定期的な巡視活動だ」と速報したことだ。いよいよ尖閣諸島が危うくなってきたと言わなければならない。東日本大震災・原発の対応に手間取り復興に新たな進展もなく、消費税問題では、未だに党内の意思統一すらできない野田政権の隙を突き、本気で尖閣諸島略奪の布石を打ってきたと見るべきである。野田政権に先手を取る能力は期待できない。
ロシアとの間の「北方領土問題」も膠着状態だ。韓国との「竹島問題」もいいようにやられっぱなしである。見ようによっては、地球上でもっともキナ臭い地域に日本は位置している。

応援する

SUPPORT

公式SNS

SNSでも日々の活動をお伝えしています。

後援会について

政治家としてさらに飛躍するために、
埼玉10区の皆さんからの支えが必要です。

フォトライブラリー
フォトライブラリー
フォトライブラリー