たいめいブログ

BLOG

ホーム > たいめいブログ > 「高校授業料無償化」自民党案

2012.03.16

「高校授業料無償化」自民党案

民主党が進めようとしている「高校授業料無償化」は検証が不充分。
【検証すべき7つの問題点】
1・この政策によって、学力や教育内容の向上など教育上の成果が得られるのか。
2・我国の教育制度に与える影響等についての考え方が示されてなく、ただのバラマキ政策ではないか。
3・所得の多い家庭の子供まで授業料を国が支援する必要があるのか。
4・公立・私立との違いや、自治体間の修学支援策に格差が生じている現実にどう対応するのか。
5・海外在住の日本人該当者が支給対象になっていないのは適切か。
6・在日朝鮮高校が対象となっていることは適切か
7・定時性・通信制の場合、もともと低額な授業料が無償化されても特定扶養控除廃止によって負担が大きくなるケースがある。どう対応するのか。
【自民党は、所得制限を設け、浮いた財源でより優先度の高い新たな奨学金制度や私立高校生の負担軽減を進めます】
支援が必要な家庭には手厚く支援しなければなりません。所得制限を設けることによって約2千億円の財源が確保できます。この財源で効果的な他の政策が実行できます。
①  所得制限、世帯年収700万円以下に絞っても高校生の約5割をカバーすることが出来ます。その結果約2千億円の財源が確保できます。
②  私立高校生の負担を軽減するため、低所得者世帯を中心に公私の授業料差額分をさらに支給します。
③  低所得家庭対策としてとして、返済義務の無い新奨学金制度を創設します。
■トップレベルの学力と人材の育成を目指します。
資源の無い我が国にとっては、次代の人材を育成する教育が極めて重要です。自民党が目指すのは世界トップレベルの学力と規範意識を養成し、日本文化を理解・継承・発展させることが出来る人材を育成することです。
 
自民党 FAX NEWS より

応援する

SUPPORT

公式SNS

SNSでも日々の活動をお伝えしています。

後援会について

政治家としてさらに飛躍するために、
埼玉10区の皆さんからの支えが必要です。

フォトライブラリー
フォトライブラリー
フォトライブラリー