たいめいブログ

BLOG

ホーム > たいめいブログ > シロアリ(2月8日)

2012.02.08

シロアリ(2月8日)

野田総理が野党時代に天下り官僚のことを「シロアリ」と表して、と言うより罵倒して、政権交代を訴えた。今ではシロアリにすっかり取り込まれて本人もシロアリの仲間だ。どうでもいいがみんなの党との間でシロアリ論争が勃発した。
何があってもマニフェストを実行しないのが野田佳彦総理の政治信条のようだ。消費増税・八ッ場ダム建設続行・子ども手当廃止・議員定数削減はこの信条に由来する。
「議員定数の削減、公務員人件費の削減、それでも足りなければ国民に増税をお願いすることもある」とは野田総理の言葉だ。
民主・自民の2大政党間で歩み寄った結果少なくとも80削減が出来るはずであった。しかし「定数の削減自体が国民に向けたパフォーマンスである」と一蹴する民主党議員がいる。公明党が賛成するはずがないとの論理も始まった。公明党は自党に有利になる「小選挙区比例代表連用制」を主張していた。民主党幹事長代行は「公明党の連用制の提案を真摯に受け止める」と発言し、いつの間にか連用制の検討が始まっているらしいのだが、自民党は「連用制に反対」の意向を示した。もはや膠着状態となり、結果としてパフォーマンスは成立したようだ。
「消費増税は平成26年であるから80削減もそれまでにやればよい」と言うことであるらしい。
「国会議員の定数削減・一院制への国会改革」は一期目からの心情である。国会内の議連にも所属し、今も考えは変わらない。
私がやらなければ……
 
【小選挙区比例代表連用制】
有権者が2票持ち、比例区で政党に、小選挙区で候補者個人に投票する方式。投票方法は現行の小選挙区比例代表併用制と同様。小選挙区での獲得議席が少ない政党ほど比例代表の議席分配が多くなる。現行よりも中小政党に有利。

応援する

SUPPORT

公式SNS

SNSでも日々の活動をお伝えしています。

後援会について

政治家としてさらに飛躍するために、
埼玉10区の皆さんからの支えが必要です。

フォトライブラリー
フォトライブラリー
フォトライブラリー