たいめいブログ

BLOG

ホーム > たいめいブログ > さらに進む治水事業

2009.08.16

さらに進む治水事業

◎吉見町
・中曽根地区、丸貫地区堤防補強(H21工事予定)
 安全度や被災履歴・被災状況等を考慮し、早急に堤防補強対策を実施する区間(優先区間)として中曽根地区及び丸貫地区を設定しました。中曽根地区については平成20年度補正予算で実施し、丸貫地区については今年度予算で実施し、堤防の安全性の向上を図ります。
・丸貫地区堤防調査・丸貫橋(H21調査・工事予定)
 丸貫地区は今年度、荒川堤防周辺の地下水の挙動や土質構成について調査し、堤体の安全性を検討。また、丸貫橋の橋梁復旧に関する詳細設計及び復旧工事(H22.3月末予定)を行います。
・高尾新田地区堤防調査(H21調査予定)
 吉見高尾新田地先(荒川右岸59.2k付近)の古荒川に沿った荒川本堤について、住民からの情報提供や要望等があったため、平成21年度に堤防の安全性に対して追加調査検討を行います。
◎川島町
・入間川・越辺川等緊急対策事業(入間川築堤左岸)
 浸水被害が特に頻発している区間について短期的・集中的に治水対策を講じる目的で、平成15年度より入間川築堤や支川合流(大谷川・越辺川合流部)付近の改修を実施し、平成22年度完成(予定)を目指しています。
・下伊草地区・角泉地区堤防補強(H20、H21工事予定)
 平成18~19年に落合橋から道場橋までの区間の堤防調査を実施。その結果、浸透に対する安全率が不足していることが判明したため、下伊草地区については平成20年度に実施済み。また、角泉地区については平成21年度に堤防の補強対策工事を実施し、堤防の安全性の向上を図ります。
・八幡地区堤防調査(H21調査予定)
 今年度、八幡地区の堤防調査を実施し、川島町との道路整備と合わせて工事を行う予定。

応援する

SUPPORT

公式SNS

SNSでも日々の活動をお伝えしています。

後援会について

政治家としてさらに飛躍するために、
埼玉10区の皆さんからの支えが必要です。

フォトライブラリー
フォトライブラリー
フォトライブラリー